ログ表示画面(Android)

最終更新日:2022年9月27日
対応アプリバージョン:4.7以上

※ページ上の画像は実際のアプリ画面と異なる場合があります。

ログ表示画面

  1. ログリスト画面に戻ります
  2. ログ記録画面が開きます(表示してるログへの追記とトレースが可能です)
  3. ログのSNS共有、GPX出力ができます
  4. ログの詳細情報が開きます
  5. ログの標高グラフが開きます
  6. マップタイプ変更
  7. ラインタイプの変更(速度に応じた色に変更できます)
  8. ウェイポイントの表示

長いログの場合読み込みに時間がかかります。

②の「+」ボタンをタップすると表示しているログへの追記または表示しているログを表示しながらの新規記録が可能です。

③のボタンをタップするとアクション選択のダイアログが表示されるので、実行したいアクションを選択してください。

「SNS共有」ではTwitterなどへのテキストと画像を共有できます。

「Export」または「Export(ルートヒストリー用)」でログをファイルで出力できます。
「Export(ルートヒストリー用)」 はログのタイトル、メモ、グループの情報を出力します。そのため他の端末のルートヒストリー(iPhone、Android)でファイルを読み込ませたりバックアップ目的で使用する場合は 「Export(ルートヒストリー用)」 をご利用ください。
「Export」 はGoogle Earthなど他アプリで使用したい場合にご利用ください。
※Google Earth、Google Mapで 「Export(ルートヒストリー用)」 で出力したファイルが読み込めない場合がございます。

「Export」または「Export(ルートヒストリー用)」を選択後に下記画像のようにファイル形式選択ダイアログが表示され、選択した形式でファイルが出力されます。
GPX、XML共にファイルの中身は同じです。

⑦のボタンをタップするとラインタイプを速度に応じた色に変更することができます。
表示しているログの最大速度を基準にして赤から緑のラインで表示されます。

⑧のボタンをタップするとログに設定しているウェイポイントが表示されます。
またウェイポイントを表示している状態で地図上をロングタップすることで任意の位置にウェイポイントを追加できます。
ウェイポイントの編集などについては「ログ記録画面→ウェイポイント」を参照ください。

ログの詳細

  1. ログのタイトル入力欄
  2. メモの入力欄
  3. グループの入力欄

タイトル欄に任意の名前を入力するとログのタイトルが入力した値に変わります。
タイトル欄を空欄にすることで元の「記録開始時間のログ」になります。

グループはログをAからZまでのアルファベットで管理することができます。
デフォルトのグループは「A」です。

標高グラフ

⑤のボタンをタップすると記録したログの標高をグラフで表示します。

GPSで取得したデータを表示しているので利用状況によって誤差が大きくなります。

GPXファイルの出力

③のボタンをタップして「Export」または「Export(ルートヒストリー用) を選択すると上の画面が表示されます。
一覧から出力先を選択することで指定した方法でファイルが出力されます。
出力されるファイルの名前は「Log”ログ記録開始日時”.gpx」になります。